2006年03月30日

愛知万博 今日は何の日 3月30日

万博トピックス 3月30日分より見だし
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E1/0330.html
屋外ステージでの各国パフォーマンス 東南アジアやオセアニアのショーを披露
市民行動だけが地球を守る唯一の手段 豊かなコミュニティー作りに力を注ぐジル・ジョーダンさん
外国人観光客が感じた愛・地球博 「日本人らしさが会場に表れている」との反応
豊明桶狭間太鼓が意気盛んな演目を披露 これぞジャパニーズ太鼓!
インドネシア共和国オープニングイベント 息をのむ美しい踊りで観衆を魅了
昭和40年代の小学校にタイムスリップ 教室風景を体験し、給食形式でゲームを
子どもたちの豊かな感受性が紡ぎ出す音色 才能教育を受けた子どもたちがクラシックの名曲を演奏
各国ゆかりの曲のオンパレード 「音楽万博〜ブラボー!ムッシュ・ルモンド〜」が万博会場へ
EXPOホールのイベント等が詳しく紹介されていますね。
EXPOホールは、開幕初期に2回位しか入れなかったような。(´・ω・`)
posted by 愛知万部郎 at 22:02| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日は何の日? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「今日は何の日 フッフー」と12時50分頃の「おもいっきりテレビ」のコーナーを思い出してしまいますね。
 実は、私も9月25日に合うように、一年前と同じ気持ちになるように、毎日一日分、万博トピックスの記事を読んでいるんですよ。
 一ヶ月位前から始めました。
 今日は、4月17日を読んでます。
 毎日読めるわけじゃないので、9月25日に合わせようと、少し早めに始めているということです。
 より深く万博が理解できていいですよ。

 
 EXPOホールは、小国のナショナル・デーが多かったですね。
ですから、招待者(フレンドシップ事業の町の人)しか入れないものばかりでした。
 私も夏頃、万博で働く女性のシンポジウムで一度入っただけですね。
 リニモから見ると、ここの駐車場に、多分控え室だと思いますが、謎の多面体建物が2つありましたね。
 
 
Posted by 万博狂快 at 2006年03月30日 22:53
最初の頃は、入れるチャンスもあったんですが、夏以降にはダッシュ組以外の可能性はなくなった気がします。

走った人が得をする、悲しい思い出です。
Posted by 愛知万部郎 at 2006年03月31日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック